歯周病とは

■歯周病とはどんな病気?

歯周病は、知らないうちに歯ぐきの骨がなくなってしまう病気です。
歯の表面に歯垢(しこう)と呼ばれるプラークが付着し、その中の歯周病菌が増殖することによって、
歯を支える土台の歯周組織や骨を破壊し、最終的には歯を失ってしまうこともあるのです。

歯周病の主な原因はプラークですが、糖尿病などの全身の病気やタバコを吸うなどの生活習慣が
歯周病を引き起こしたり悪化させる原因にもなります。


■歯周病の進行について

現代では、成人のほとんどの方が歯周病と言われています。その多くの場合は自覚症状がありません。逆に自覚症状が出るころにはかなり病気が進行しています。
歯肉が腫れたり、歯がぐらぐら動くような場合には、病気になってから長い期間が経っていることが多いために、治療に も大変長い時間が必要になります。

つまり、歯周病は重症になる前に適切な治療をすることが大切です。当院では、歯周病が進行していると考えられる患者様には、自覚症状がない場合でも、歯周病についての説明を行うように心掛けております。


sisyu.gif















歯周病治療に関する質問がありましたら、
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい